ピルで生理日が変更できるって本当?

ピルは避妊薬として有名ですが、女性ホルモンをコントロールすることで、生理周期を安定させる効果があります。
ピルは正確にはホルモン剤のひとつで、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステノーゲンを配合しており、服用することでホルモン量を調節して、体が妊娠したような状態に見せることができます。
この状態で脳が妊娠したと錯覚し、受精は必要ないと判断するため、卵巣からの排卵が抑制されます。
この結果から、効果的な避妊ができるほか、生理周期が一定に保たれるようになるのです。
通常は低用量ピルを用いて、21錠か28錠のどちらかを使用して、1日1錠の服用で排卵を抑制します。21錠も28錠も同じもので、21日間のホルモンバランスをコントロールして排卵を抑えます。
28錠では残りの7日間にホルモンは配合されていませんが、これは飲み忘れを防ぐために用意されています。
低用量ピルは女性にとって体の負担が小さいように、ぎりぎりのホルモン量で調節されており、緊急避妊薬などの強烈な効果がない分、安全に使用することができます。
継続して使用することで高い効果を発揮し、避妊率は99.9%と言われており、飲み忘れがない限りはほぼ確実な避妊が成功すると言われています。
ホルモンバランスをコントロールすることから、美容目的で服用する人も多く、肌が若返ることや抜け毛が減るなどの効果も見られほか、自律神経に影響があることから、自律神経失調症の治療にも用いられることがあります。
ピルによって生理日の変更はききませんが、継続服用によって一定の周期にコントロールすることができるので、毎月のスケジュールが立てやすくなるなどのメリットが生まれます。

ピルと生理サイクルについて

ピルは単に避妊薬として用いられるだけでは無く、乱れた生理周期を整えたり生理痛を改善するなどの効果もあります。
ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンの二種類の女性ホルモンが含まれていて、この二つのホルモンの作用によって性リサイクルを調整する効果があります。
ただ、ホルモンの量が多いと副作用も強く表れる傾向があるために、一般的に用いられるピルというのは低用量ピルの事を示しており、卵胞ホルモンの含有量が50マイクログラム未満で少なめに調整されています。
ピルはこの二つの女性ホルモンが含まれていて、服用する事によって血中のホルモン濃度が上昇します。
そうなると脳が女性ホルモンが分泌されているものと認識する事で排卵を抑制する効果があり、避妊効果や生理不順の改善などの効果があります。
ピルを服用する時には生理サイクルに合わせて21日分、あるいは偽薬を1週間分含んだ28日分が基本となり、それを毎日決まった時間に服用する事によってホルモンバランスを整えます。
21日服用を続けて7日休むか効果が無い偽薬を飲んでいると、上手く調整できていればその間に消退出血が起こるように調整されるはずです。
ピルを服用する事で妊娠したいという時に影響があるのではないかと心配する人もいますが、ピルは服用するのを止めれば直ぐに元の通りに妊娠できるようになります。
これは注意しなければならない事でもあり、短時間の薬の飲み忘れならばカバーが可能ですが、薬を飲み忘れて時間が経ち過ぎてしまうと服用中の間でも妊娠してしまう可能性が出てくるので気をつけなくてはならないです。
日本ではまだまだ一般的では無いですが、上手く利用すれば避妊以外にも生理日の調整などにも役立つので、女性であればきちんとした知識を身につけておいた方が役立ちます。

ピルの効果と服用方法について

ピルは経口避妊薬の通称のことで、計画的に服用することによって、妊娠をすることを防ぐという効果が期待できます。
ピルには女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンというふたつのホルモンのかわりをするような化学物質が含まれていますので、これを服用すると、擬似的に妊娠したのと同じような状態になり、排卵や着床がなくなります。
このため、服用によりホルモンの濃度が一定に保たれている限りにおいて、妊娠を防止することになるのです。
そのほかにも、ピルによってホルモンの濃度が安定することで、ストレスにより生理の周期が不安定などといった、生理不順の問題を緩和することもできます。
同様に、月経前症候群や月経困難症といった、生理にともなって起こるさまざまな身体的な不具合も解消されるといった効果もありますので、本来の目的である避妊のほかにも、さまざまな用途で使われることがあるのです。
避妊の目的でピルを服用する場合の方法ですが、基本的には生理周期のはじまりのときから、毎日1回、1錠ずつを、できるだけ決まった時間帯に服用するというのを続けます。
ピルには一般に28錠入りのシートと、それよりも少なくなった21錠入り程度のシートの異なる種類がありますので、服用の方法についても若干異なります。28錠入りのほうについては、毎日服用し続ければそれでよいのですが、21錠入りのものについては、21錠を飲み終えたあと、残りの7日間程度は服用をしないでおき、その日数を過ぎてから新しいシートに切り替えて、また同じように21錠を毎日続けて服用するようにします。
21錠入りのほうが当然経済的ではありますが、飲み忘れをしやすいということもあり、28錠入りにも一定の需要があります。

■望まない妊娠を防ぐための知識をつけましょう
アフターピルの効果